アンプルールは女性の肌を知り尽くした皮膚の専門家が開発

アンプルールは女性の肌を知り尽くした皮膚の専門家が開発

アンプルールは、女性の肌を知り尽くした皮膚の専門家
中心となって、2003年に開発がスタートした化粧品です。

アンプルール開発ディレクターの高瀬聡子さんは、大学附属病院で
皮膚科医として勤務していました。

その後、アンプルールの開発をするかたわら、2007年1月、
アンチエイジング発想のクリニック「ウォブクリニック中目黒」を開院し、
総院長を務めています。

肌トラブルに悩む患者さんを実際に診て、
対面している専門医としての経験や知識が
アンプルールの開発に活かされています。

また、ご本人も一人の女性として、美しい素肌を願う気持ちを理解できることもあり、
アンプルールの「ラグジュアリーな素肌を叶える化粧品」
というコンセプトに基づく研究開発をおこなっています。

シミや肝斑の治療については一定の評価があります。

アンプルールは、新しい時代のドクターズ・コスメといわれているように、
最先端のメディカルサイエンスを基に開発されています。

安心して肌に処方できることができることにこだわり、
医療と美容のハイブリッド化が図られています。

それにより品質の高い化粧品を生み出すことができています。

また、アンプルールを使う女性の
五感に訴えることも目指しています。

アンプルールを手にした女性が
幸せな気持ちになれるようにという願いが込められています。

そのための試行錯誤が繰り返されて、
テクスチャーや香りを商品化することに成功しました。

また、アンプルールには、
ハイドロキノンが配合されています。

シミに悩む女性のために医師の処方箋なしに使える化粧品
ハイドロキノンを配合したのです。

アンプルール トライアルセットはこちら